離婚を優位に進めるコツ

離婚の方法のうち、最初に選択されるのが「協議離婚」です。ここでは、浮気や不倫が原因となる「協議離婚」を優位に進めるコツについて解説していきます。

1.「不貞行為」の証拠を集める

不貞行為の証拠として認められるものは、「同じ相手と複数回以上の肉体関係」が証明できるものです。映像や画像や音声のデータが効果的です。個人では収集が難しいため、探偵に依頼することで、よりスムーズに証拠を集めることが可能となります。

2.冷静に話し合いを進める

離婚の話し合いは、どうしても感情的になりがちです。特に浮気や不倫が原因であればなおさらです。そのため、できるだけ冷静に話し合いを進めることが、離婚を優位に進めるためのコツのひとつとなります。

3.事前に話し合いの内容をメモにしておく

離婚の話し合いで決める必要があるのは、慰謝料や子供の親権、財産分与や子供の養育費などがあげられます。

財産分与に関しては、収入証明書や預貯金通帳などの資産がわかるもの、子供の養育費であれば、離婚後の生活費や学費などが具体的にイメージできる書類があると良いでしょう。

4.結論を急がない

前述したように、離婚についての話し合いは、感情的になりやすい傾向があります。仮に相手が感情的になってしまい、これ以上話し合いができないと判断した場合には、一旦打ち切って、別の日にもう一度話し合いの場を設けるようにしましょう。「結論を急がない」ことも離婚を優位に進めるコツです。

5.公正証書にて協議離婚書を作成する

「協議離婚書」とは、離婚に関する慰謝料や養育費、親権や財産分与などの内容を記載した書類です。協議離婚書を公正証書にすることで、強制執行等、法的な拘束力が発生するためです。